TS-V173S

ついに、「TS-V172A」の後継モデル、「TS-V173S」が発売されました。

TS-V173S

前回モデルが2013年5月発売でしたので、実に4年ぶりの新型投入です!

 

新型投入の大きな目的としましてはこの4年間、一気に世の中が「ハイレゾ」に動いたということで、「ハイレゾ対応スピーカー」ということでモデルチェンジと言われています。

 

要は「ハイレゾマーク」取得のために発売?!そんなことがささやかれています。

main_highreso_jeita

 

実際のところどうなのかは分かりませんが、「ハイレゾマーク」って心惹かれるものなのでしょうか?

 

私自身、「ハイレゾマーク」がついたところで、いい音とは別問題と思っていますので、あまり関心がありません。

 

結局は、「ハイレゾマーク」がつこうがつくまいが、データ測定上素晴らしいものだろうが、新技術が投入されようが、私たち音楽を聴く人間が「この音いいな~」と思わない限り意味が無いと思っています。

 

そこで、パイオニアさんに単刀直入に直球で聞いてみました。

 

スゴイ測定データとか技術とかはわかりますが、私たちの「聴感上」はどうなのですか?いいスピーカーになったんですか?」と。

 

すると、これまた直球で返答が・・・

 

「実は、今回は「聴感」にこだわって、開発しました」

 

「我々開発陣は開発直後、いいデータはすぐに取得できました。しかし、実際に聞いてみると何か違う。。データと聴感は違うものだと。」

 

「そこで、いいデータはさておき、聴感(聞いた感じ)にこだわって開発を続けました」

 

「そして、聞いた感じで圧倒的なものまで到達した時に、この「TS-V173S」を世に出すことにしました」

 

「結果的に、「ハイレゾマーク」取得は形式的なもので、圧倒的にV172Aを超える事ができたので、新型「TS-V173S」を発売するに至ったわけです。」

 

「このこだわりで、価格据え置きで発売出来ましたので、多くの方にいい音を身近で感じてもらいたいと思っています」

 

・・・正直に言いまして、この価格帯で「聴感上」という言葉が出てくると思いませんでした。

よくある話では、開発費用〇億円の○○万円するスピーカーは、「聴感上どうなのか」という事に焦点が置かれますが、いわば量産モデルでこの考え方を採用するとは。。。

 

この様な考え方で作られたスピーカーは、専門店としましても「ワクワク」するものです。

ぜひ、使いこなしてみたいものです(^^)/

 

TS-V173Sの変更点を以下にまとめました。

 

 

・ツイーター部のダイヤフラムをアルミニウム合金に変更

20%軽量化→超高音域まで再生可能

ツイーターダイヤフラム

 

・ツイーター中心のイコライザー

→輪郭くっきりした音像

ツイーターイコライザー

 

・ウーハー部の振動板を変更

→190%硬くなった→中低音域も輪郭くっきりの音像

173Sウーハー部

 

・パッシブネットワーク変更

→ツイーター用とウーハー用に分けた

→ノイズ除去

→バイアンプ対応

img-network-02

 

~「TS-V173S」音の感想~

 

聴感上の音の鳴り方は、ぜひ試聴していただきたいのですが、特質すべき点を書いてみます。

 

まず、一聴した感じですが、とにかく音がきれいと感じます。特に中高域にかけて、歪みなくよどみなく美しく聞こえます。172Aの高音もよく出ていましたが、173Sは音が良く出ているという表現+美しくという感じです。172Aの頃は高音域に耳につく歪みっぽい感じですとか、超高域にかけてギスギスした感じがありましたが、それが173Sでは改善されています。いい意味で柔らかく耳当たりのいい高音になりました。

 

高音が柔らかく感じるときは、解像度が上がったことによるものです。解像度が上がると耳当たりが良くなりますので、より音量を上げることができるようになります。

 

中低音域に関しては、carrozzeria伝統的なレスポンスのいい・歯切れのいい音です。ウーハー部の剛性が上がりましたので、車で失いがちな中高域(例えばピアノの響き)がしっかりと聞こえるようになります。173Sになってとても音楽全体が聴きやすくなりました。

 

 

「TS-V173S」は、ディスプレイで試聴が可能です。

 

よりお詳しいご説明もできますので、ぜひ一度ご来店ください!

TS-V173A

 

 

カーオーディ専門店レナード

レナードロゴping_[web]

 

 

 

 

  • facebook
  • twitter