最新情報

ナビ・ヘッドユニット詳細

『バッ直』について 注意


car-battery-296788_640

こんにちは。

岩崎です。

 

『バッ直』について、お話しします。

 

バッ直とは、ヘッドユニットやナビなど、

パワーアンプに比べて比較的消費電力が低いものについて、

音質向上の為にバッテリーに直接電源をつなぐ事を言います。

 

通常、消費電力が大きいパワーアンプやパワードサブウーハーは、

電源ケーブルをバッテリーに直接つなぐ事が前提ですので、

このことを『バッ直』とはあまり言いません(やっていることは同じなのですが。。)

 

ヘッドユニットのように、電気的容量としては車内にある線の中からつないでも大丈夫なものを、

電気的容量という目的ではなく、音質向上の為にあえて、

バッテリーにつなぐ事を「バッ直」と表現します。

 

ヘッドユニットからバッテリーまでつなぐ線ですので、

太いケーブルは必要ありません。

ケーブルの太さより、ケーブルの質、ケーブルの質よりバッ直をしているか、

していないかの差の方が大きくなります。

 

気を付けるべきところは、接点と取り回しです。

接点は、せっかくバッテリーに直接つないだとしても、

それをかしめている端子やギボシがゆるければ、意味がありません。

 

取り回しについては、バッ直は直接バッテリーまで配線をもっていきますので、

エンジンルームの熱の問題・車両コンピューターのノイズの問題、

そのあたりに十分注意して取回さなければなりません。

 

使う配線は、必ず耐熱仕様を使います。それでも、エンジンの近くや

バルクヘッド付近は高温になりますので、十分な配慮が必要です。

もちろん短く・近道がいいのですが、熱やノイズの方に気を使った方が賢明です。

 

ヘッドユニットを動かしているおおもとは電気です。

バッ直をすることによって、電源の効率が上がります。

効率が上がりますので、音質が良くなるというわけです。

(例えば、CDの回転ムラが無くなる・・など)

 

車種によってバッ直の難易度は変わりますが、

音質向上の手段としては失敗が無いので、とても有効です。

 

忘れていました。。もう一つ注意点は、水対策です。

エンジンルームから車内に引き込みますので、水対策をしていないと

、ケーブルを伝わって車内に水が入ってきます。

 

内臓アンプにしても、そうでないヘッドユニットにしても、『バッ直』は確実に良くなりますよ!

カーオーディオ専門店 レナード

住所 〒813-0062 福岡県福岡市東区松島3丁目21-13
TEL 092-292-0456
営業時間 10:00~19:00

当店のfacebookページはこちら
http://on.fb.me/1zbE0Aq
  • facebook
  • twitter