岩崎輝彦ブログ

スピーカー詳細

ツイーターの音を良くする方法


P1130395

こんにちは。

岩崎です。

 

ツイーターの音質アップの方法として、Aピラーに取り付ける方法やミラー横カバーにつける方法があります。

 

一般的に言われる根拠としては、

 

「ツイーターが出している高音域は指向性が強いので、自分の方に向けましょう」

「そうすると、音がきれいに聞こえます」

 

これが、的を得た説明なのですが、本日は別の根拠をお話しします。

 

何度がご説明しましたが、車の中の音響の環境としましては、「反射をどうコントロールするか」が大きなテーマです。

 

例えば、ツイターをダッシュ上に上向きに設置したとしましょう。

これは、見た目でもよくわかると思いますが、上を向いてしまっていますので、その先には「フロントガラス」があります。

 

という事は、ツイーターから出た音の多くは、フロントガラスに当たって反射した音が届いているという事になります。

この状態では、音が散ってしまっていわゆる「定位」というのが出にくくなります。

 

別の例ですと、ダッシュ上の奥の方に「こちら向き」にツイ―ターを設置したとします。

一見すると、先ほどの「上向き」に比べると反射するものに向かっているわけではないので、よさそうです。

 

しかし、新たな反射が発生しています。

 

それが、ダッシュボードそのものの表面で起こる反射です。

 

イメージしにくいかもしれませんが、ダッシュ上の奥にこちら向きにツイーターを設置すると、ツイーターとダッシュボードが触れているところから自分に向かって、「地面」が出来上がっているのが分かりますでしょうか?!(助手席がわはわかりやすいですね)

 

その「地面」でツイーターから発せられた音が反射し、これまた「反射」の多い音になってしまします。

 

そのような「反射」を少しでも無くす方法が、「Aピラー」にツイーターを取り付けたり、「ミラー横」にツイターを取り付ける方法なのです(^^)/

カーオーディオ専門店 レナード

住所 〒813-0062 福岡県福岡市東区松島3丁目21-13
TEL 092-292-0456
営業時間 10:00~19:00

当店のfacebookページはこちら
http://on.fb.me/1zbE0Aq
  • facebook
  • twitter