RCAケーブル

RCAケーブル詳細

「これだけ音に芯が出て、 この価格ではいかんと思います」


「これだけ音に芯が出て、
この価格ではいかんと思います」

私の率直な感想です。
―岩崎輝彦

 

「RCAケーブル」の選択に困っているあなたへ

 

 

もはやアクセサリーとは言えないRCAケーブルの存在

 

RCAケーブルとは、一般的な言葉でいうピンケーブル・ピンコードといわれる「いわゆる赤白ケーブル」のことです。

ご家庭でも、例えばテレビとDVDプレーヤーをつなぐ時にご使用されている方が多いのではないでしょうか。(最近はHDMIケーブルが主流ですが)

 

そんなRCAケーブルですが、オーディオの世界ではこれ一本で、劇的な変化をとげると きがあります。

実はオーディオ再生時にRCAケーブルの役割はとても重要なのですが、まだまだ世間では知られておらず、この重要性を知っているのは、一部 のオーディオ好きに限られているのが現状です。日常生活において、RCAケーブルの聴き比べや音質の違いを体験することはないですので、当然といえば当然 の結果ですね。

 

しかし、RCAケーブルがどれほど重要なのかに気がつけば、あなたが理想的ないい音を実現するための近道になることは間違いありません。

 

 

結局伝わらないケーブルの魅力?

 

 

いいRCAケーブル」といわれるもの、「そうでもないRCAケーブル」、これを言葉で説明するとしても、どんなにどんなに説明をしても、聴き比べや音の変化を体験しない限り、絶対に理解できないと思います。例え話をしますと、相手が経験をしたことが無い「痛み」を一所懸命に説明しても、全く相手には伝わらないのと同じです。

 

尿管結石の痛みはね、刺すような感覚と激痛が襲ってきて、言葉にならないほどの痛みだけど、この痛みがおなかの前の方かと思ったら、腰の方まで痛みが伝わってきて・・・

 

この一所懸命に伝えたい話ですが、本質は伝わりません。。しかし、同じ経験者ならある程度伝わります。

 

そうそうあれは痛いよねー、おなかが痛いといっても、別格の痛さだよね~。。。
例え話が適格かどうかはさておき、RCAケーブルの評価も同じような会話になります。

 

 

「あのケーブルはね、ヴォーカルの感じはすごくいいけど、高域の減退は少し早いかんじがする。低音域の締まり感はあるけど、中域にかけての伸び感が無い・・・」

 

さっぱりわかりませんね。。。

 

これが、経験者ならある程度伝わります。

 

「そうですか~、僕は高域はそれほどいらないのですが、低域はしっかり出る方がいいですね」

しかし、会話は成立しているようなのですが、本質はわかりません。

なぜかというと、RCAケーブルの評価は「聞いた人の感覚」「とある製品と比べてどうか」という「比較的」の評価になってしまうからです。

 

ですので、私たちがどんなに特徴の説明をしても、「聴くまでは分からない」という事になってしまうのです。

 

しかしそうはいっても、「本当にいいものはご紹介したい」という私の本能があります。

 

そこで今回は、音の特徴よりも「こんな人におすすめ」の「いいRCAケーブル」をズバリご紹介します。

 

 

実績のあるRCAケーブルのご紹介
~以下に当てはまるなら~

 

・何を選んでいいか分からない
・自分は上級者とは思っていない
・一度買えば、もう換えないだろうなと思っている
・間違いなく価格以上のクオリティーがあるもの
・素人でもはっきりと違いが分かるもの
・音に芯を出したい
・ヴォーカルが美しく聞こえる

 

一つでも当てはまれば、今からご紹介するRCAケーブルは絶対に失敗がありません!

 

それがこちら、

 

凪060

 

 

「凪(なぎ)Ⅱ」

サウンドサスペンション凪Ⅱ

 「固有音を持たせない」
日本製OFC単線ケーブルツイスト構造
グラスメッシュ仕様
外皮   非鉛PVC
はんだ  日本スぺリアルをベースに調合
導体抵抗 9Ω/100m以下
絶縁抵抗 5000MΩ/Km
静電結合 1kHz 330pF

 

 

カーオーディオでは音がいいだけではダメなんです

 

カーオーディオでRCAケーブルを選択する場合、音の良し悪しはもちろん重要なのですが、取付けのしやすさや、精度も気を付けなければいけません。

 

取付けのしやすさとは、ケーブルの引き回しのしやすさ(耐久性)・プラグの精度などです。引き回しは取付ける人間の「楽さ」のように感じますが、実はケーブルの品質にもかかわってくる問題になることがあります。ケーブルの仕事は突き詰めると、「電気を流すこと」です。

電気がきれいに流れるには、ケーブルに過度のストレスがかかってはいけません。

 

 

ちょうど水が通っているホースのような感じです

 

 

水が通っているホースを鋭角に折ってしまったり、思いっきり踏みつけたりすると、水がきれいに出てこなくなりますね。ケーブルも同じです。

 

ケーブルが固すぎても柔らか過ぎてもダメなんです。適度な硬さと曲げやすさがいるのです。それが無いと、結果的に品質が落ちます。

 

その点このケーブルは、しっかりとクリアーできています。

 

 

さらにプラグの品質・精度、これも重要です

 

 

品質は当然なのですが、注目するところは、ケーブルを実際に差し込むとき、「固過ぎず・ゆるすぎないか」です。固すぎると「2度と抜けないケーブル」になってしまいます。それは言い過ぎにしても、実際にあります、固すぎて抜くときに破損してしまうもの。

 

ケーブルの破損だけとは限りません。アンプやプロセッサーの受け側のプラグが破損してしまう事が実際にあるのです。やはりこちらも適度な精度が必要不可欠なのです。

 

こちらもしっかりとクリアーしています。

 

音が良ければ何でもありかというと、そうではないのがカーオーディオであると私は思っています。

 

少々細かい話になってしまいましたが、とにもかくにもこのRCAケーブルはコストパフォーマンスに大変優れています。最初に聴いた印象は

 

「この音の力強さはどういうことだ?!」

 

という驚きです。

 

RCAケーブルで失敗したくなければ、「凪Ⅱ」です。

 

実際にこのケーブルに惚れ込んで、車だけではなくご自宅のケーブルを「凪Ⅱ」にすべて換えた方もいらっしゃるほどです。

 

 

それでは、このRCAケーブル「凪Ⅱ」の価格は

どの位なのでしょうか。

 

実際にRCAケーブルの価格はピンキリです。高級ケーブルといわれるものは100万円以上するものもあります。

 

カーオーディオでも50万円以上するものもあります。(ホントです)

 

当然ですが、「いいもの」と言われているものは、品質にもこだわっていますし製造コストもかかります。

 

「凪Ⅱ」は本当にいい製品です。

 

いい製品ですので、1m/25万円?15万円?10万円?
これでは、まだまだ買えませんね。。

 

実は、¥50,000です!

 

と言いたいところですが、¥14,000+税/1mで「凪Ⅱ」が手に入ります!

 

しかも、1m以上の長さの場合は、50センチ毎に¥2,000+税 という追加料金ですので、とても買いやすい設定だと思います。

 

このケーブルは、いつでも試聴可能です。レナードに常備しております。RCAケーブルで迷われているあなた、このケーブルで決まりです!

 

このケーブルを購入された方への特典です!

 

 

30日間の返金保証

 

私はこのRCAケーブル「凪Ⅱ」を自信をもってご紹介しますので、ご満足いただけなかった方に返金保証をお付けします。

 

もしこのRCAケーブルにして、ご満足いただけなかった場合は、30日以内にお伝えいただけましたら、ケーブル代金を全額返金致します。

 

その際にケーブルを取り外す工賃も無償でさせていただきます。

 

完全な返金保証をお付けいたしますので、安心してご購入いただければと思います。

 

RCAケーブル「凪Ⅱ」は受注生産となっております。
今後、品質維持の為に使用している部材が入手困難な状況も考えられます。
ぜひこの機会に、手に入るうちに、ご購入を強くお勧め致します。

 

あなたの聴いている音楽が、もっと良くなることをお約束いたします!

 

カーオーディオ専門店レナード

 

 

 

 

 

カーオーディオ専門店 レナード

住所 〒813-0062 福岡県福岡市東区松島3丁目21-13
TEL 092-292-0456
営業時間 10:00~19:00

当店のfacebookページはこちら
http://on.fb.me/1zbE0Aq
  • facebook
  • twitter